HOME >  テクニカルコラム >  この春、印紙税の改正に注意!



会計イノベーション

コラム執筆者プロフィール

原尚美 氏
税理士。東京外国語大学卒業。
TACの全日本答練「財務諸表論」「法人税法」を全国1位の成績で、税理士試験に合格。直後に出産。育児と両立させるため、1日3時間だけの会計事務所からスタートし、現在は全員女性だけのスタッフ22名、一部上場企業の子会社やグローバル企業の日本子会社などをクライアントにもつ。
ミャンマーに会計サービスの会社を設立し、海外進出支援にも力をいれている。
著書に「小さな会社のための総務・経理の仕事がわかる本」「小さな起業のファイナンス」いずれもソーテック社刊。「51の質問に答えるだけですぐできる『事業計画書』のつくり方」日本実業出版社刊。「トコトンわかる株式会社のつくり方」新星出版社刊。「世界一ラクにできる確定申告」技術評論社刊。「一生食っていくための士業の営業術」中経出版など。
その他、「経理ウーマン」「デイの経営と運営」など雑誌への寄稿や、商工会議所、中小企業投資育成株式会社、日本政策金融公庫などでの、セミナー実績も多数。
原&アカウンティング・パートナーズ(原会計事務所)代表。 http://hara-tax-accounting.com/

第004回  この春、印紙税の改正に注意!

( 2014年4月)


 ついに消費税が、8%に値上がりしましたね。

 「税金」の話題が、連日ワイドショーを賑わすのも、珍しい現象です。それだけ消費税が、庶民の生活にとって馴染みの深い税金だということでしょうか。

 じつは消費税と並んで、私たちにお馴染みの「税金」に、4月から大きな改正が行われていることを、マスコミは全く報道してくれません。

何かというと「印紙税」です。

 日本人の大人で、「印紙」を見たこともない、という人はいないでしょう。3万円以上の高額な買い物をすると、領収書にペタっと貼られてくる、うす緑色のアレです。

 この「3万円」が今回改正されて、5万円以上になりました。

また同じく、平成26年4月1日以降、次の2種類の契約書に貼る印紙税の税率が安くなっています。

① 「土地建物売買契約書」など、不動産の譲渡に関する契約書

② 「建物建築工事請負契約書」など、建設工事の請負に関する契約書

詳しい内容を知りたい方は、国税局のHPをご確認くださいませ。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/1304.pdf
 今回は、知ってるようで知らない「印紙税」についての話です。

 印紙税とは、「日常の経済取引に際して作成される各種文書のうち、印紙税法に定められた文書を課税対象とする税金」です。
要するに、契約書などお金儲けに関連する書類を作ったら、税金を払いなさいよ、というわけです。
この場合、印紙税の納税義務者は、文書を作った人です。

といって、やみくもに全ての文書に課税される訳ではなく、「印紙税法に規定されている文書」だけが対象です。
したがって領収書には課税されますが、納品書や請求書は対象外です。

ただし、印紙が必要かどうかは、文書のタイトルではなく、実質で判断されるので、「覚書」や「注文書」に課税されることもあります。

 また他の税金と違って、いちいち銀行の窓口で、振り込む必要がないのも、印紙税の特徴です。印紙税の納付は、印紙を文書に貼って消印すれば、終了です。

 印紙税は文書に課税されるので、口頭で契約しただけの場合は、もちろん印紙税を納める必要はありません。
口頭でも、もちろん契約は成立しますが、口頭での契約は、言った言わないの争いの元になるので、文書にして確認するのが通常です。
契約書は2通作って、当事者それぞれが保管するので、印紙税も2倍かかります。
もし原本を1通だけ作って、片方の当事者はコピーを保管すれば、印紙税は1通分ですみます。
しかし、契約書というのは、当事者間で争いが起きたときのために作るものなので、通常は原本を2通つくろうか、ということになります。

 同じように、代金を受け取っても、領収書を発行しなければ、印紙税はかかりません。しかし、現金を払った方は、領収書がなければ、後で払ってない、と言われるのが嫌なので、通常は「領収書ください」という事になります。

 こう考えると、印紙税というのは、うまく出来ていますね。

 では、印紙の貼っていない領収書を受け取ってしまったら、その支払いは経費に出来るでしょうか?それとも、NGでしょうか?
答えは、「できる」です。

 なぜなら、法人税法と印紙税法は別の法律だからです。

 法人税の世界では、領収書がなくても、取引が間違いなく行われていれば、支払ったお金を経費に出来ない理由がありません。花屋さんは何処かから仕入れなければ、花を売ることはできません。税務署としても、花を仕入れたという取引を、否定することは出来ないのです。
 ただし、領収書がなければ、誰からいくらで仕入れたかを証明するのが難しいので、取引の証明として領収書が大切になってきます。
 そして印紙の貼っていない領収書は、その証明力が弱いという訳なのです。

 いずれにしても印紙を貼るのを忘れたり、少ない金額の印紙しか貼っていないことが、税務調査などで指摘されたら、1割から最大で2倍の過怠税を取られてしまうので、この機会に、手元の文書をチェックしておくとよいでしょう。



※本コラムは執筆時点で公となっている情報に基づいてコラムニストが執筆したものであり、コラムニストの意志を尊重し原文のまま掲載しています。
よって本コラムは必ずしも当社の意見や方針を反映したものではありません。
当社及びコラムニストはコラムの完全性・正確性・相当性等について、一切の責任を負いません。
また、利用者が被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねます。


>>テクニカルコラムに戻る
S-PAYCIAL10万人達成
 
高級ツナ缶の通販|モンマルシェ
 
国産野菜 スープ 野菜をmotto!!
▲このページの上部へ戻る

事業/サービス内容

会社情報

IR情報

採用情報

関連会社